クラシックギター de 花散歩 (La chitarra clacica del fioli)

fancykao2y.exblog.jp ブログトップ

♪~ Ddicatoria (献辞) E・Guranaodos ~♪ あれから10年

今月2曲目は カタルーニャ地方
レリダ( Lerida )に生まれた エンリケ グラナドスの作品
2004年 京都 青山のバロックザールにて グロンドーナの演奏で 
初めてこの曲を聞いて以来、
いつかは 弾きたい弾きたいと思っていた曲です。
あの時は ほんとうに 音がホール一杯に
 ♪が 前に 繰り出してくる  踊りでてくるように  見えて 
あぁ ギターが歌うってこういうことなんだろうと 感激しました。

そして その前に前に 出てくる音を 表現したくて たまりません
・・・・・・・・・・が いまだに まだ その感覚は つかめません






あれから ちょうど 10年

ゴヤに魅せられた彼は ゴイエスカスなどオペラ作品を残しています。
こちらのシリーズの
ゴヤのマハなどのほうがなじみ深いとはと思いますが
若き日の物語の 中の デディカトリア(献呈)を弾いていみました。
生まれた息子のために 作ったとも言われますし、
実は 愛妻家である彼が 彼女と結婚した時に贈ったともいわれる曲です。





そこで 空想癖guitrrakao
きっと 息子が生まれた時に 息子へ だけではなくて
息子を産んだ彼女を思い・・・曲がイメージされたのではないかと


この曲の中には ポルタメントとグリサンドがかなり使われているのは
なぜだろうと・・それがとても 印象的で

きっと 神への感謝の気持ちと光(希望)と
温かいやさしさに包まれながら 
歌われているような気がしてなりませんでした。



最後に 今回は 調弦をもう一度見直しています。

が、まだ なれなくて それでも ずいぶん 
クリアになってきたような気がします。
アドバイスありがとうございました!! kさん

そして すてきなコスモス等の写真を
福岡在住のカメラマン
松井淳一氏に お借りしての動画編集となりました。


お二人に 感謝です

さて これを やっと レッスンにも 持参する予定ですーーーー
まだ ちょっと せっかちな 弾き方だったかも・・・・

10月2曲目の Dedicatoria まだまだ 見直すところはたくさんありますが
お時間あるとき 聞いていただければ幸いです

ちなみに 4年前・・・


なんだか こっちのほうが 弾けてる感じがするよ???(^^;
ちょっと 呼吸は浅いかな?



 
c0092263_983524.jpg


                       ・゚☆.。.:* 


           ♪  guitarrakao  ♪

        今日も あなたに ギターの音色と 野の花を お届けします。
        つたない演奏ですが 聞いていただき ありがとうございます

                ・゚☆.。.:*

                             ・゚☆.。.:* 
[PR]
by fancykao2y | 2014-10-03 21:50 | ギターのこと

クラッシックギターの音色大好き!2011年から、レッスンに持参するための方法を模索、ある程度自分のイメージにできた曲を大好きな野の花と一緒に録音してみています。お時間あったら聞いてくださいね。♪


by fancykao2y
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30